知らないと損する?中学受験のあれこれ

中学受験は、小学校6年生の一月や二月頃に行われます。
12歳の春を目指して、小学校3年生の終わりの2月から始まる小4クラスから3年間中学受験のための塾に通う家庭が多いのです。
そのとき気になるのは、総額いくらくらい用意をしておけばいいのかということです。
塾についてはこちらで知識を得ておきましょう。URLはこちらです⇒http://www.e-juken.jp/
塾の費用は、授業料や教材費、定例のテスト代金、模試や対策講座、季節講習など煩雑でわかりにくいものです。
ある塾は、3年間で約215万円必要になってきます。
内訳をみてみると、小学校4年生が約45万円、5年生が約65万円、6年生になると一気にあがり約105万円必要となってくるのです。

 

そのほかにも、中学校に支払う受験費用やそのほかの諸費用のことを考えると、約230万円は必要になると考えるべきです。
学年があがるにつれて、金額があがってくるのは、塾に通う日数も増えますし授業料自体も高くなるからです。
さらに、一番高いのはオプションの講座になるのです。受験が直前の6年生は、志望校対策のためのオプション講座や夏や冬に開催される季節講習などが多くなるのでその分が高くなってくるのです。

 

このような傾向は、どこの大手の塾でもあてはまります。塾によっては30万ほどの差があるところもありますが、どの塾に通ってもお金は必要になってきます。
これから中学受験を目指しているお子さんがおられる場合には、勉強時間だけでなくお金も必要になってくることを事前にわかっておくことが必要です。
費用が掛かることも考えると、中学受験を失敗しないために出来るだけお子さんに合った塾や勉強方法を選んであげたいものです。