中学入試と高校受験

中学入試をする場合は、高校受験とは違ってきます。
どのような違いがあるのかというと、入試問題です。
中学入試は、選抜する学校側に主導権がある買い手市場なのです。
人気のある学校に志願者が殺到すれば、その学校は入試問題を難しくせざるを得ないのです。
その志願者も成績のいい子供たちが集まっています。
そのため、高校受験よりも難しさの度合いが高まってくるのです。
学校で学習する内容で基礎学力を身につけているだけでは、入試問題に対応するのは少し難しくなってくるのです。
しかし、高校入試をみれば、公立高校の入試問題は基礎学力をしっかりと身につけていれば、十分に合格ラインに達することができるように作成されているのです。
中学入試では、公立中高一貫校の問題でさえも、学校の授業の勉強だけで合格しようと思ったら難しくなってくるのです。
この小学校の学習内容と、中学入試問題とのギャップが高校受験とは大きく違ってくるのです。
そのため、学校では成績がとてもいいのに、塾ではなかなか成績が上がらないという状況にもなってきてしまう子供が出てくるのです。
両親が高校受験しか経験していない場合に子供が中学入試をする際は、両親は高校受験を同じ目線で中学入試を見てしまいがちです。
しかし、実際は異なっている点が多くあることを理解しておくことが必要になってきます。
事前に偏差値表や、中学入試の現状を調べて理解をしておくことが大切になってくるのです。